参考にしたい和モダンの施工例を紹介

今、日本古来の和室が和モダンという形で再評価されています。日本の住宅もすっかり西洋化し、和室は古い、時代遅れというイメージを持たれることも少なくありませんでした。しかし木や紙など日本風の素材、またはデザインを現代の住宅に取り入れた「和モダン」という新たな住まいの形が提唱されるようになり、その印象は一新されることになります。和モダンは日本の伝統な美と現代の建築技術が融合したインテリアです。和洋折衷のスタイリッシュな和モダンインテリアは、住宅に洗練された都会的な表情を与えてくれます。畳の上での暮らしや掘りこたつなども見直されており、リビングやダイニングを和風に施工する例も増えています。ここではそんな和モダンのインテリアについて、具体的に施工例を挙げながらご紹介します。

和と洋が融合した和モダンインテリアの施工例

和室と言えば畳ですが、現在のトレンドは半畳の縁なし畳です。畳の目の向きを互い違いにして敷くことできれいな市松模様が浮かび上がり、洒脱な印象が生まれます。同じく和室に見られる襖や障子も、戸襖やガラス障子に変えることで洋風建築にもしっくり馴染みます。逆に洋室を和風にイメージチェンジする施工例としては、畳や戸襖の導入の他、天井を板張りにするなどが挙げられます。このように和モダンインテリアでは、和と洋が違和感なく溶け合う空間作りが重要になります。その仲介となってくれる意外なものがあります。北欧風インテリアです。世代を問わず人気がある北欧風インテリアですが、シンプルで落ち着いたものが多いため、日本の和室にもよく合うのです。白木の座椅子やテーブル、照明などは手軽に取り入れられるおすすめのアイテムです。

施工例から考える手軽で簡単な和モダンスタイル

前項ではリフォームに近い施工例をご紹介しましたが、実は和室に洋風の家具を配置するだけでもぐっと和モダンの雰囲気が出ます。例えば畳敷きの部屋にベッドやソファを置くのは鉄板の組み合わせです。ソファの場合は背の低いタイプのものを選ぶとそれらしい雰囲気がより高まります。日本では古くから床に座る習慣があるため、ローソファやローテーブルはそれ自体が日本古来の生活をなぞるアイテムなのです。逆に洋間に和風の家具を持ち込むことでも和モダンを実現できます。ちゃぶ台や和箪笥なども色を選べばフローリング張りの部屋にも調和します。また、照明も部屋の印象を大きく左右するものの一つです。提灯を思わせる丸型の照明器具を吊るせば一気にモダンな雰囲気に変わります。このように、ちょっとした工夫で暮らしの中に和のテイストを取り入れられます。和と洋が融合した新しいインテリアの形を楽しんでみてください。