人気がある和モダンの施工例とは

最近耳にすることがある和モダンですが、何だかオシャレな響きだけど和風とは違うのか、詳しく分からない方もいると思います。家の施工を考えると、畳に塗り壁といったいかにも和風というイメージがある方も多いのではないでしょう。しかし和モダンという言葉が意味している本当のイメージとは、施工例を見てみても分かるように、洋風のスタイルに和の要素を取り入れたスタイルが主流となっています。そのため幅広い年代の方から人気となっています。和モダンの家は、和風と洋風の良い所を盛り込んで、落ち着きを感じることができ心も身体も安らぐ空間となっていることが大きな特徴です。寝室のベッドの横に置き畳みを置くなど、現在の家の主流は洋風となっていますが、日本古来の畳も根強い人気をもっています。そんな機能性と安らぎを兼ね備えた空間なのです。

和モダンの施工例で重要な素材とは

和モダンの家の施工例で多く使用されている素材は、何と言っても無垢材になります。これはイメージしやすい素材でしょう。リビングやキッチン、寝室など場所を選ぶことなく取り付けることができます。キッチンで使用する例として、対面キッチンのカウンターの素材として無垢の板材を使用するときには、板材は厚いほど重厚感を出すことができます。部屋の巾木や窓枠などの材質も無垢材で合わせて仕上げることで、より統一感を出すことができます。また無垢材を床材として使用するときには、色を明るめにすることでより和の雰囲気を強くすることができ、暖かみがあり明るい空間に仕上げることができます。モダンな雰囲気を強くしたいときには、床の色を濃くて暗めの色にすることで、落ち着いた空間に仕上げることができます。

和モダンの施工例でアクセントをつけるのが人気です

洋風の要素が強い家でも空間を演出するアクセントとして、和を感じさせるものを取り入れることで和モダンの空間を引き立てることができます。施工例として人気なのは、壁の一部に無垢板を使用したパネルを貼ったり、無垢板ではなく和柄のタイルを貼ったり、一部に日本特有の素材である珪藻土を塗るなどがあります。また最近注目されているのが、井草を編み込んだパネルといった自然な素材をアクセントにすることです。こうすることで、部屋全体にさらに統一感を出すことができます。また縦格子のルーバーをいれるのも人気です。格子は空気や光の流れを妨げることなく、視線のみを遮ることができるので人気です。また奥行きを出すメリットもあるので、リビングにプライベート空間が欲しいと思っている方におすすめです。