和モダンを選びたい人のためのおすすめの施工例

老若男女、年代を問わず和モダンのスタイルを採用した家は人気が高くなっています。和モダンというと、和風なスタイルをイメージする人も多いと思いますが、現在の主流は洋風のスタイルに和の要素を採用した家や部屋となっています。そんな和モダンな家や部屋を作るのに欠かせないのが、無垢材です。無垢材は他の材質と比較すると値段が高くなっていますが、和モダンのスタイルを採用している家の施工例を見てみると、無垢材がよく使われているのがわかります。これは無垢材が機能面で優れているという理由だけではなく、場所を選ばずに取り付けができること、窓枠や巾木も無垢材で仕上げることで、より統一感を持たせることができる点が挙げられます。また床材に無垢を使用したときには、色を変えることで和風や洋風の要素をどちらでも強くすることができます。

和モダンの施工例について解説します

洋風の家や部屋でも和を感じるものを取り入れ、和風と洋風のコラボレーションをすることで和モダンが完成します。具体的な施工例には、壁の一部に無垢板のパネルや和柄のパネルを貼り、一部に珪藻土を塗ってみることで雰囲気がガラリと変わります。また、自然素材である井草が編み込んであるパネルも統一感がでるのでおすすめです。さらに部屋の一角に畳を設置する方も増えています。今までは井草で畳表を作るのがほとんどでしたが、最近では繊維で作成している畳もあるので、手入れの手間が省けて、豊富なカラーの畳を楽しむことができるようになっています。縦格子のルーバーもおすすめです。格子は空気や光を遮ることなく、視線を遮ることができるだけでなく、奥行きを感じることができるのでプライベートな空間を作りたい方にピッタリです。

和モダンのキッチンの施工例とは

和モダンの施工例で多いのが、キッチンを和モダンにすることです。実は和モダンのLDKは、形や材質などどんなキッチンでも馴染むことができます。木の扉を採用しているキッチンなら、全てがステンレスとなっているキッチンを採用しても、金属が与える冷たいというイメージを、木が与える温もりや温かさというイメージで和らげることができます。扉の色を淡い色よりも青や赤といった濃い目の色にすることで、和モダンのアクセントにもなります。お金を掛けられないけど和モダンを演出したい方も、低コストで和モダンを作ることができます。それはクロスを張り替えるときに、一部分だけを和柄にして、和を連想させる柄を取り入れることで和モダンを作ることができます。さらにカーテンをプリーツスクリーンやロールスクリーンに変えることでも、簡単で低コストで和モダンの家を作ることができるのです。