和モダンを選ぶ時は施工例を参考にしよう

本国にしかない畳を使った和室の活用方法は、近年変化を遂げています。大幅にリニューアルした例から、元々あった和室にソファーやテーブルなどを置いたプチリフォームで、和モダンスタイルに変化を遂げたりと施工例は様々です。家具やファブリックの配置を変えてあげるだけで簡単に和モダンな雰囲気を作りだすことができる事から、和室を好まない方にも人気となっています。和モダンを取りいれたいけどなにから手をつけたら良いのか分からないという方には、施工例を参考にすることで簡単にリフォームを行なうことが可能です。選ぶ家具の色や形、畳の一部を琉球畳に変更するなど難しいコツはないので気軽に部屋の雰囲気を変えることができます。和モダンへの大がかりなリフォームでは、インテリアの素材選びが重要です。

和モダン素材の使い方を施工例から知ろう

和室を和モダンにリフォームする際に最も大切になるのが、和の素材使いです。施工例で多く見られるのが自然素材で、漆喰やシラス壁などを用いた壁が多くなっています。自然素材を使用することで、消臭効果や湿度調整といった役割を担ってくれます。なかでも漆喰は、腕の良い職人が手掛けることで美しい壁を演出することができます。また、インテリアの素材に関しても、選ぶ際に和の雰囲気を醸し出してくれる素材を選ぶことが大切です。木の素材をふんだんに盛り込むことでより温かく、さらには格子上になっている物を選ぶとスタイリッシュな空間を作りだすことが可能です。照明器具や小物類では、和紙を使用している物を選ぶことは欠かせません。一般的な和室デザインを洋室に変更するのは難しいですが、和モダンにリフォームすることはさほど難しいことではないので、部屋の雰囲気を変えたいという方にもおすすめです。

和モダンの施工例から見るメリット

洋風な住宅が増えているなかで、和風と洋風のどちらも兼ね備わった住宅に住みたいという方では、和モダンという施工方法が理に叶っていると言えます。外観の施工例の多くは木の素材を多く使い、庭では石畳や植樹を行なって自然と住宅を一体化している住宅が多く見られます。和風モダンでは、和の要素が高い樹木を植えてあげることでより和を前面に押し出すことができます。外壁の色では、黒や白を使用することで和テイストを醸し出している住宅が多く外壁のデザインは多様です。外観に合った門や郵便ポストを選ぶことも欠かせないポイントです。和モダンではシンプルなデザインであることが大切になるので、屋根や表札に関してもシンプルなものにすると統一性が出ます。住宅の外観だけでなく内装のリフォームを行なう際には、和モダンを多く手掛けているリフォーム会社に依頼することが大切です。