施工例から見る和モダンの魅力を解説

和モダンの住宅施工例には、様々な種類があります。先ず多いのが和の雰囲気を生かした蕎麦屋や、ショップなどに用いられる事です。施工例を見ても分かりますが、商売を始める時に和モダンの雰囲気を気に入り店舗のデザインに取り入れる人は多くいます。やはり古民家の様な雰囲気や、元々あった古い家具などを生かした作りになっている和モダンの造りは生かされていて、特に和食のお店などをやっている施工例の店舗は、その外観や内装全てが和の落ち着いた感じを押し付けるほどではなく表現しており、人気も高くなっています。更に和モダンという事で畳を使用した部屋が多く取られている事が特徴として挙げられます。畳を使用した部屋と言っても、一昔前の和室だけではなく掘りこたつが備え付けられた部屋や子供部屋として利用できる和の空間など、その形は多種多様です。

和モダンの住宅施工例に見るその魅力

和モダンの住宅施工例を見ていると、他にも魅力は沢山あります。例えば掃き出し窓を大きく取りそこから続くウッドデッキスペースも、和モダンの魅力の一つです。リビングから続くウッドデッキには、本当の広さ以上の広さを感じる事もでき、縁側と同じような雰囲気でありながら洋風のウッドデッキとしてもバーベキューなどに利用できるのが、メリットと言えるでしょう。開放的な空間を得意とする和モダンの住宅ではリビングもかなりの広さがある程度に造られています。実際の広さよりも広く感じられるようになっているのは、それだけ天井が高く取られていて、そうでなくても梁をむき出しにする事で内屋根までの高さを全て見せて、そこまでではない高さを可能なところまで出して見せるなどの手法が用いられているからなのです。

和モダンの施工例から木の良さを学ぶ

更に和モダンの住宅施工例を見ていくとわかりますが、木の良さがとても良く伝わってきます。梁や柱、手すりなどだけではなく、壁や仕切りなどあらゆる箇所に木を用いているのが和モダンで、その柔らかな雰囲気がとてもよく伝わってきます。しかし木が多く使われた住宅というのは、思いの他に維持が難しいという話もあります。木材は使用する種類によって伸びたり縮んだりするので、それが扱いの難しさともいえるのです。ある意味縮んだ時はいいのですが、伸びた時には多少なりとも隙間がないと割れてしまったりする原因にもなり兼ねません。その為木材を使用する時には乾燥させてから使う事は当然の事ながら、伸び縮みする分の余裕を持っておくというのも、同じくいえる事です。ですが魅力が沢山あるのが和モダンの住宅なので、もしも戸建てを検討しているのなら是非和モダンの施工例も一度見てみる事をおススメしておきます。